忍者ブログ
本家「ハクシナソラ」の日記。
AD
PR
ブログ内検索
最新コメント
[02/07 通りすがり]
[10/18 美香]
[10/15 美香]
[10/08 美香]
[10/04 waltz]
プロフィール
名前 : ゼナルバ
本家「ハクシナソラ」の管理人。
Webサイト黎明期ぐらいの頃にサイト開設、自由気ままに記事を書いたりまとめたり、サイトを移転したり一時休止したりして今に至る。
本ブログは主に自身の備忘録と日々の記録のために利用しています。
パソコン関係の記事が多いかも。
接続した外付けHDDを共有化してファイルサーバ化してたUbuntu12.10PC。
このubuntu君を14.04LTSへクリーンインストールしたときに、sambaの設定でこけまくったので、ここにメモ書きとして残しておきます。
ネットワーク関係の設定って本当面倒です。

【sambaの設定方法】
  1. Ubuntuソフトウェアセンターを開き、「samba」を検索、ヒットしたらインストール。
  2. 端末を開き、sudo su -でルートに切り替える。
  3. smbpasswd -a <Ubuntuのユーザー名>で、ユーザー追加しつつパスワードを設定する。
    パスワードはUbuntuログイン時の物と同一にしておく。
  4. ファイルを開き、共有化したいフォルダを右クリックし、「ローカルネットワーク共有」を選択する。
  5. 「このフォルダーを共有する」にチェックを入れ、「共有を作成」ボタンをクリックして終わり。

結局、3番のユーザー追加をやっていなかったのでこけていました。
たどり着くまで時間かかった・・・
しかしこれで次回から躓かなくてすむ、はず?

そういえばufwでファイアウォールを有効化してると、sambaもブロックされちゃうので、外から見えなくなっちゃいます。
ので、ルール追加して除外するようにしておきましょう。
やり方は簡単、ルート切り替えてufw allow sambaコマンドを実行するだけ。
お忘れなく。

【関連記事】

拍手

お名前
タイトル
文字色
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ハクシナソラの日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]